業者選びに役に立つガラス修理・交換に関連した業者をご紹介します。

ガラス交換コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年01月17日 [FAQ]

窓ガラスのわずかなひび割れは修理した方がいい?

気にしなければ分からない程度のひび割れで、特に何かがぶつかったわけでもなく、ひび割れの原因も良く分からないのですが、寝室のクローゼットルームの小窓が割れているのを、先日家の掃除をしていて発見してしました。
普段は服が日焼けすると嫌で、カーテンを閉めていたので気づくのも遅くなったと思うのですが、正直なければなくてもいい窓だし、開閉することもほぼないので、問題なければこのままにしようと思っています。
ひび割れたガラスを放置しておくと何か問題はありますか?それと、モノがぶつかる衝撃以外でガラスにひびは入る原因は何ですか?
もしも早急に修理が必要であるならそうするので、良きアドバイスをどうぞよろしくお願いします。


回答

できる限り早めの修理をおすすめします。


まず、窓ガラスにひびが入る原因は、衝撃だけではなく、経年劣化や「熱割れ」という現象が起きたことも考えられます。
これは、室内と室外の温度差によって起きる現象で、夏の間直射日光を浴び続けることで、窓ガラスの中央の温度が高くなり、膨張します。
これに対して、サッシの枠部分に強い日差しが当たらないと、この部分には温度変化がなく、ガラスの中央部分と枠部分とで温度差が生じて、ガラスに大きな負担がかかり、ひび割れを起こしてしまうことがあります。
衝撃は受けていないということですが、不在中に鳥などの飛来物が窓ガラスにぶつかった可能性もありますので、知らない間に窓にひびが入ることはそれほど珍しいことではありません。
それに、四六時中外気に触れている窓ガラスには、目に見えない細かい塵やゴミなどに常にさらされていることから、汚れが付いたり、いつの間にかひび割れが起きてしまうこともあります。
ガラスというのは、ちょっとした衝撃でも割れてしまうこともあるため、小さなひびでも入っているならいつ割れてもおかしくありませんし、小さなひびから大きな破損につながっていく可能性も高いですので、できる限り早く修理をすることをおすすめします。
小さなひび割れでも、そこから雨水が入ることもありますし、ひび割れがあると、空き巣に入られる可能性も高いですので、自分で補修しようとテープなどを窓に貼りつけることは、しない方がいいでしょう。
サイズが小さなガラスであれば、修理費もそれほど高くはならないので、ガラス修理の専門業者に任せましょう。

PageTop