業者選びに役に立つガラス修理・交換に関連した業者をご紹介します。

ガラス交換コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年04月23日 [FAQ]

ペアガラスの間に入った水分は取り除けるのでしょうか?

現在、自宅のペアガラスの間に水分が入ってしまっているのが気になっています。外気温によって窓が曇ってしまったり、水分が増えたりしてしまう形となり、対応に困っています。

おそらく先日の大雨の時に水分が入ってしまったのではないかと考えられるのですが、このような場合、曇りや水分を自分自身で取り除く方法はあるのでしょうか?

またそのまま放置しておけば、自然に乾いていくこともあるのでしょうか?

特に日常的に大きく困っていることはないのですが、窓が曇ってしまい見栄えが良くないので、とても気になってしまいます。

また自然に解決することができない場合、このような状態を放置してしまうと何か問題があるのでしょうか?

回答

ペアガラスに入った水分は窓ガラスの交換が必要です。自然に水分が出ていくことはないでしょう。



通常ペアガラスは外からの空気が入らないように厳重に加工してあります。しかし何らかのきっかけにより窓の一部に隙間ができてしまったり、穴が空いていたりすることで、空気が入ってしまい内部結露を引き起こすのです。

ペアガラスに起こる内部結露では、自然に乾燥し、水分が飛んでいくということはありません。一時的な曇りの改善であればドライヤー等の風を当てることで解消されますが、またすぐに結露を引き起こします。

この状態を長期間放置していると、水分が窓の下の方に溜まってしまい、水槽のような状態になってしまう可能性もあるのです。

ペアガラスの内部結露を解決する方法は窓ガラスの交換しか手がありません。
内部結露を発見した場合には、できる限り早急にメーカーなどに問い合わせをしてみましょう。

基本的にペアガラスでは10年間の保証期間が設けられています。保証内で交換作業をしてくれるところがほとんどでしょう。

また内部結露の主な原因としては劣化が大きな要因となっているケースが大半です。交換時期としても良い時期にきているのではないでしょうか?

今後ペアガラスでの内部結露をできる限り引き起こさないためには、こまめな換気などで空気循環をよくする必要があります。これはペアガラスに限らず他の窓ガラスの結露でも同じことが言えるでしょう。

ペアガラスはあくまでも一般的な窓と比較して結露しにくいだけであり、全く結露しないわけではありません。結露してしまった場合には交換が必要になることを把握しておくと良いでしょう。





ペアガラスに入った水分は窓ガラスの交換が必要です。自然に水分が出ていくことはないでしょう。


通常ペアガラスは外からの空気が入らないように厳重に加工してあります。しかし何らかのきっかけにより窓の一部に隙間ができてしまったり、穴が空いていたりすることで、空気が入ってしまい内部結露を引き起こすのです。

ペアガラスに起こる内部結露では、自然に乾燥し、水分が飛んでいくということはありません。一時的な曇りの改善であればドライヤー等の風を当てることで解消されますが、またすぐに結露を引き起こします。

この状態を長期間放置していると、水分が窓の下の方に溜まってしまい、水槽のような状態になってしまう可能性もあるのです。

ペアガラスの内部結露を解決する方法は窓ガラスの交換しか手がありません。
内部結露を発見した場合には、できる限り早急にメーカーなどに問い合わせをしてみましょう。

基本的にペアガラスでは10年間の保証期間が設けられています。保証内で交換作業をしてくれるところがほとんどでしょう。

また内部結露の主な原因としては劣化が大きな要因となっているケースが大半です。交換時期としても良い時期にきているのではないでしょうか?

今後ペアガラスでの内部結露をできる限り引き起こさないためには、こまめな換気などで空気循環をよくする必要があります。これはペアガラスに限らず他の窓ガラスの結露でも同じことが言えるでしょう。

ペアガラスはあくまでも一般的な窓と比較して結露しにくいだけであり、全く結露しないわけではありません。結露してしまった場合には交換が必要になることを把握しておくと良いでしょう。





PageTop