業者選びに役に立つガラス修理・交換に関連した業者をご紹介します。

ガラス交換コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年05月12日 [FAQ]

ガラスを割ってしまったときに保険を使えますか?

私の自宅には子供がいて、走り回って激しく遊ぶことが多いため、いつかガラスを割ってしまうことがあるかもしれないと不安になっています。
もしガラスが割れてしまうと修理交換のために費用がかかってしまい、余計な出費が発生してしまうことを危惧しています。
そこで、ガラスが割れたときに保険を活用することができれば助かると思っているところです。
ガラスの修理交換について保険が適用されるケースがあるかどうか知りたいため教えてください。

回答

火災保険によって対応してもらえることがあります


ガラスが割れてしまい修理するときには、保険を使えるケースが多いため覚えておきましょう。
保険が適用できるにもかかわらず、自分で修理交換の費用を支払ってしまうのはもったいないです。
たとえば、賃貸契約をしている場合は火災保険に加入するのが普通であり、火災保険はガラスが割れたときにも対応できる内容になっていることが多いです。
自分で割ってしまったというケースであっても、火災保険の適用になることがあります。
ガラスが割れてしまったときには、すぐに修理交換をしなければ困ってしまうでしょう。
たとえば、夜中にガラスが割れてしまって、雨戸がない場合には、急いで交換しないと安心して外出することができません。
そういう緊急事態の場合には保険会社に連絡するよりも早くガラスを修理したいと思うでしょう。
そういうケースでは、まずは業者に連絡をすることをおすすめします。
ガラス修理の業者であれば、常にガラス板は常備されていて、スタッフが24時間対応してくれるところが多いです。
電話をすることですぐに現場にまで駆けつけてくれて、割れてしまったガラスの交換をしてくれます。
ガラスの修理を終えてとりあえず先に自分で料金を支払っておいて、その後で保険会社に連絡するとよいでしょう。
すでに修理を終えたとしても、その後で保険会社に連絡をして火災保険の対応をしてもらえるケースがあります。
この場合はガラスの修理や交換にかかった費用や状況についてきちんと説明できるようにしておきましょう。
ガラスが割れたときの様子を撮影しておいて、修理費用についてはきちんと請求書をもらって、それを保険会社に提示するのです。
そうすれば、保険会社はガラスが割れた状況や修理料金について詳細を確認することができるため、その後で火災保険を適用して修理費用の負担をしてくれることが多いです。
賃貸物件の場合には、マンションやアパートの管理会社に相談してみるのもおすすめします。

PageTop