業者選びに役に立つガラス修理・交換に関連した業者をご紹介します。

ガラス交換コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年06月16日 [FAQ]

リビングの窓ガラスとサッシの同時交換を希望しています。

一戸建てに住んでいます。
長年住んでいて愛着もあり、これからもずっと住み続けたいと思っていますが、リビングの窓ガラスの古さが気になるようになりました。
友人宅に月に何回かお邪魔するのですが、どの家も窓はピカピカであまり古さを感じないのです。それに比べ、「うちの窓ガラスはちょっと古くさいかな」と思ってしまいます。
そこで一度窓ガラスを交換してみたいと考えています。サッシもアルミ製のきれいなものにすれば古くささを感じにくくなるのではないかと思います。
ガラス屋さんとは縁がないのですし、部品の種類などにも詳しくないのですが、どういったことに注意すれば良いでしょうか。


回答

窓ガラス修理やサッシの交換はぜひ専門業者にご依頼ください。


窓ガラスにもサッシにも種類はいろいろあります。ガラス板に注目してみると、一般的で広く普及している一枚板の「フロートガラス」、片面に模様がついていて目隠しに使われる「型板ガラス」、工業用砂で細かい傷を付けた優しい光の透過が特徴の「すりガラス」、通常はサラサラとしているすりガラスの表面を化学処理しツルツルに仕上げた「フロストガラス」、防火地域向けの火災に強い「網入りガラス」、断熱性能に優れた「ペアガラス」など、様々な種類があります。
サッシでは、アルミ・樹脂製のものが広く使われています。
まずは電話での相談がお手軽です。プロの意見を聞いて、予算の範囲内で最適な素材を選ぶのが良いでしょう。
また、緊急性の高い事案ではなく、時間に余裕のある計画でしたら、お住いの自治体の「省エネ化推進補助金事業」に申請してみることも検討してはいかがでしょうか。
各自治体では、電力消費の削減を目的として、省エネを念頭にリフォームする世帯を支援する仕組みが整っています。
窓ガラスの交換は、「高性能建材をつかった既存住宅の断熱リフォーム支援事業」に該当する例があります。この場合、お住まいの自治体から補助金を受けることができ、結果的に格安料金での交換が可能です。多くの場合、窓ガラス・サッシの交換どちらにも適用可能な制度となっています。
もしこちらの制度にご興味があれば、交換業者についても自治体の担当課に相談することをおすすめします。制度の対象となる工事の経験豊富な業者に頼めば安心です。

PageTop