業者選びに役に立つガラス修理・交換に関連した業者をご紹介します。

ガラス交換コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年08月18日 [FAQ]

網入りガラスや強化ガラスは防犯対策になりますか?

都内で飲食店を経営しているのですが、最近はお店の近くで空き巣や泥棒の被害が多発していて、先日はすぐ近くの洋服屋さんで、裏口のガラスを割られて売上金を盗まれたと聞いて、当店でも防犯対策を強化しなければいけないと考えています。
正面入り口にはシャッターが付いていて、裏口には網入りガラスが入っていて、一階部分の窓には強化ガラスが入っていると聞いていると聞いているのですが、窓ガラスに関しては防犯対策が万全であると言えるのでしょうか?
やはり泥棒に入られるとすれば窓ガラスの強化をするのが一番だと思うし、網入りガラスや強化ガラスが防犯ガラスということであれば、防犯対策もほぼ完璧なので防犯カメラを設置する必要もないと思いますがいかがでしょうか?


回答

網入りガラスや強化ガラスは防犯ガラスではありません。


確かに、泥棒の被害に遭わないためには、窓ガラスの防犯対策は必要不可欠であって、泥棒の約6割が窓から侵入していることが分かっています。
窓ガラスからの侵入を防止するためには、窓ガラスを防犯ガラスに交換することを推奨しますが、残念ながら網入りガラスや強化ガラスは防犯ガラスではありません。
多くの方がこの2つのガラスを防犯ガラスと勘違いしているようですが、ほとんど防犯効果はありません。
網入りガラスとは、その名前の通りに、ガラスの内部にワイヤーが入っていて、ガラスの強度が高いと思われているようですが、網入りガラスに使用されているワイヤーの役目は、火や熱でガラスが割れたときに破片が飛び散るのを軽減させるもので、一般のガラスと同様にハンマーなどで叩くと簡単に割れてしまいます。
強化ガラスに関しても、網入りガラスと同じように、ほとんど防犯性はなく、バールなどで叩くと、力を入れなくても容易に割ることが可能です。
防犯対策ができるのは防犯ガラスのみなので、完璧ではありませんが、泥棒の侵入経路を潰すためには、防犯ガラスに交換することをおすすめします。
防犯ガラスにもランクがあって、いずれのガラスを選択したとしても、時間をかければ割ってお店の中へ侵入することは可能ですが、泥棒は5分以内に侵入できなければほとんどが犯行を諦めると言われていて、防犯ガラスにはそれを表すステッカーも貼られているので、高い防犯効果を発揮します。

PageTop